今日のSORABlog

訪問看護リハビリステーションSORAのブログ

贈る言葉シリーズ〜利用者様の想い出Aug.2021

SORAでは、残念ながら”お別れする”利用者様がいらっしゃいます。

今月もスタッフの心に残った方がいらっしゃいました。
そんな利用者様の想い出をスタッフへのインタビュー形式でご紹介します。
題して、”贈る言葉シリーズ”。第一回です。

(利用者様について簡単なご紹介をお願いします。)

がん末期の80代女性で、約1年半介入させていただきました。
介入当初から留置カテーテルが付いてベッドで寝たきりの状態でしたが、
同居のご主人や息子様夫婦が定期的に通って介護されていました。
最後は約3ヶ月間、毎日点滴をしながら頑張ってご自宅で過ごされました。

(最後の訪問時のご様子はいかがでしたか?)

ご家族に看取られ穏やかな表情をされていました。
エンゼルケアの際、お嫁様より「おしゃれでお化粧もしっかりされていた方」とお話を伺いました。
お化粧道具もたくさんあったので、ご本人のものを使わせていただきました。
ケア後は今にも目を覚ましてお出かけされそうに見えました。

(ご本人との想い出は?)

ケア中はよく談笑させていただきました。
お話の内容は様々でしたが、中でも盛り上がったのが、子供の話と茶道の話。
ご子供の話は、「女の子が欲しかったけど男の子2人で。弟の方が要領良くてね」と。
私自身も男の子2人で同じような様子なので私の話もよく聞いてくださいました。
ご自宅で茶道教室をされていたので、「いつかお茶立ててくださいね。」とお願いしたこともありました。

(ご本人、ご家族にお伝えしたいことは?)

毎回楽しい訪問時間を過ごさせていただきました。
最後の最後まで頑張られていたので、どうぞゆっくり休んでください。
ご主人を含めご家族のみなさまにもケアの介助をしていただき、とても助かりました。
本当にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事