リハビリRehabilitation

  • HOME
  • 訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

マンツーマンで、じっくりリハビリを受けていただけます。

マンツーマンでじっくり訪問リハビリを受けていただけます。
経験豊富な理学療法士や作業療法士が訪問し、利用者様のかかりつけの医師の指示に基づき、ご利用者様のご希望に添ったリハビリテーションを実施いたします。

このようなことでお困りではありませんか?

☑ 腰や膝が痛くて通院が大変になってきた。
☑ 脳血管障害で麻痺が残っている。
☑ 病院を無事に退院したがリハビリを継続して頑張りたい。
☑ 家から出る体力がない。
☑ パーキンソン病など姿勢が悪くなってきた。
☑ デイサービスに通いたいが自信がない。
☑ 家での移動方法を教えてほしい。
☑ 通院にお金がかかる。
☑ リハビリの提供時間が短い。
☑ 家屋改造・介護方法の助言がほしい。
☑ 住み慣れた環境の中で安心してリハビリを受けたい。

訪問リハビリで解決できます!

いつまでも自分の足で歩ける身体づくりを応援します。

じっくりリハビリ

 

じっくりサービス

1回の訪問で約60分のリハビリを提供させていただきます。通院や通所などのリハビリと比べて、約3倍の時間をかけてサービスを受けることが可能です。

マンツーマン

 

マンツーマンリハビリ

マンツーマンだから、ご利用者様のご希望に合わせたリハビリが可能です。

格安

 

割安で受けられる

ご利用料金は、1割負担の場合、1回60分の訪問で、約1000円です。
タクシーを利用して通院する場合を考えると、同等又は安い料金でご利用できますので、安心してご利用ください。(利用者様の生活状況で、各種加算があります。詳しくはお問い合わせください。)

リハビリ実施内容例

腰や膝など関節痛のある方

関節痛は、関節周囲の筋力が低下し、動きが不安定になることにより、痛みが生じます。 目的の筋肉をポイントよく鍛えることで、痛みの軽減が期待できます。

脳血管障害による麻痺のある方

関節は相反する一対の筋肉によって動きが生じます。麻痺は一対の筋肉の相反する動きが悪くなり、関節が強い筋肉の方に偏移した状態になります。弱い方の筋肉を鍛えると共に、協調した滑らかな動きがでるよう機能訓練を実施します。

パーキンソン及び症候群の方

筋肉が硬くなりやすく、特に姿勢筋の動きが悪くなります。姿勢筋を中心にストレッチ・筋力強化を行い、ADLの拡大を図ります。

整体とのコラボ

ご希望があれば、整体を追加することが可能です。整体で体を整え、関節を緩めながら、無理なく筋力の維持・増進を図ります。