精神科Psychiatry

精神科訪問看護

カウンセリング

その方の強みを見つけ、出来ることに注目したケアを行っていきます。

SORAには精神疾患専門の研修を受けた看護師・作業療法士が在籍しています。訪問看護が介入することで、精神科病棟への入院日数が、介入前に比べ、1/4に減少している、という調査結果が出ています。また、訪問看護が入るなら、と退院の許可が下りることもあります。私たちは、地域で生活する利用者様が、安心して治療を続けていけるように、主治医との橋渡しを行う存在です。

このようなことでお困りではありませんか?

☑ 身の回りのことが十分にできなくて困っている。
☑ 話し相手が少なくてさびしい。
☑ 治療を続けることが途絶えがちになっている。
☑ 薬が指示どおりに飲めない。
☑ 病気とつきあいながら地域での生活を継続していきたい。
☑ 具合が悪くなって入院になるのが心配。
☑ 身体能力の低下が見られてきている。
☑ 生活や健康などの相談ができる人が欲しい。
☑ 就労を考えているが不安なことが多い。
☑ 本人に(家族として)どのように対応したらよいかわからない。
☑ 社会資源の活用についての相談をしたい。

精神科訪問看護サービス内容

日常生活の維持と生活技能の拡大・獲得

生活していくうえで必要な能力を維持・拡大できるようサポートいたします。

精神症状の悪化や増悪を防ぐ

症状の観察や服薬管理を行い、継続通院できるよう関ります。

身体症状の発症や進行を防ぐ

生活習慣へのアドバイスやリハビリを行い、自己管理能力を高める援助を行います。 

対人関係の維持・構築

コミュニケーション能力の維持・向上を図り、他者との関係性へのサポートを行います。

家族への援助

ご家族様への援助、ご本人様との関係性への援助を行います。

社会資源の活用

情報を提供し、利用するための援助を行います。

ケアの連携

主治医や関連機関と情報を共有し、連携してケアに当たります。